読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Excessive Force - Gentle Death

Gentle Death

Gentle Death

My Life With The Thrill Kill KultのMarston DaleyとKMFDMの面々によるエレボディ/インダストリアルバンドの2nd。
1stはジャケットから解りまくるようにエレボディィィィィィ!!!なアルバムだったが、2作目となる本アルバムは当時のKMFDM思わせるメタル・ダンス。しかしこの頃のKMFDMがそうだったように、只のメタルではない。KMFDMの「アングスト」を聴くに、メタルというジャンルを使ってそうとうな実験的な音楽を作っている。それでいてエレクトロニック・ダンス・ミュージックでもあり、この頃を含めて未だに彼らがEBMの範疇として数えられるのは当然なのかも。
しかし、このアルバムの凄さには圧倒されっぱなしだ。1980年代後半のKMFDMは多くの音源をエイドリアン・シャーウッドにPやミキシングさせていた。エレボディでありながらどこかダブっぽい……というかON-Uのタックヘッドのアルバムにそっくりだった。そういう時期を経て、(その音楽性を捨てずに)メタルと結びついてしまったのが「マネー」以降のKMFDMだ。この時期のKMFDMは「メタル」という肉や魚を使って、超過激な創作料理をしているように自分には見える。しかもそれが極上の味わいをもつ料理なのだから、恐ろしい。あとMy Life With The Thrill Kill Kultの人の力もあるだろう。この頃のMy Life With The Thrill Kill Kultはエレボディからハウスに移行しており、その影響かハウスっぽさも聴こえてくる。またMy Life With The Thrill Kill Kultに超怒級のエロスがあったように(Thrill Kill Kultのアルバムにセックスを匂わす歌詞が無かったことはない、と断言できる位。だから彼らがハウスに移行したのは当然の成り行きだと考えている)、このアルバムにもそれが、ある。
エレボディ、ハウス、インダストリアル全てをぶち込んだエクストリームなメタル音楽がここに。超お薦め。買え。