読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prurient – Cocaine Death

Cocaine Death by Prurient (2008-11-25) 【並行輸入品】

Cocaine Death by Prurient (2008-11-25) 【並行輸入品】

ヴァチカン・シャドウ、Exploring Jezebelなどなどの複数の名義で発表するIan Dominick Fernowによるプロジェクトのカセット、未発表音源を集めた盤。
この人が作る音源は漏れなく凄いことになってるけど、この編集盤はその極めみたいな内容になってる。端的にはホワイトハウス、ラムレー、SPKといったパワーエレクトロニクスなのだが、更にそこからダーク・アンビエントや1990年代のUKテクノまで取り入れている。そして1970年代後半から1980年代前半のノイズ・インダストリアルを大幅に更新することに成功しているのが凄い。
ちょっと話が変わるけど、さっき挙げたジャンルの中核またはパイオニアたち、キャバレー・ヴォルテールスロッビング・グリッスル、そしてSPKホワイトハウス。これらのバンドたちは1980年代も半ばになると解散したりまたは新たなバンドを立ち上げたりしていった。継続組も大きく音楽性を変えていったし新たなバンドたちもまたそうだった。少なからず「ノイズ・インダストリアル」から卒業してダンス・ビートを取り入れた作品を発表している。キャバレー・ヴォルテールSPKスロッビング・グリッスルジェネシス・P・オリッジが立ち上げたサイキックTVはその代表例だろう。
しかし、このIan Dominick Fernowが奏でる音は全く1980年代のパワエレで、その雰囲気までをも受け継いでいる。それでいてAFXオウテカを思わせる音まで取り入れて融合させている。また2000年代前半のブレイクコアにも通じる味も感じられるのが凄い。というかAFXオウテカはもしかしたら「ノイズ・インダストリアル」をあの時代において表舞台で演っていた唯一の生き残りだったのでは?とまで感じてしまう。それはブレイクコアだってIan Dominick Fernowの音を聴いた後ではそう感じてしまう。
ちょう傑作。ラムレーとAFXが交差するとき……。ちなみに興味を持たれた向きはIan Dominick Fernowの別名義やレーベル「Blackest Ever Black」周辺を聴いてみるといいだろう。