読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xorcist - Damned Souls

Damned Souls

Damned Souls

アメリカのエレクトロ・インダストリアルグループの1st。
以前に「エレクトロニック・ボディ・ミュージックは1990年代に入ると霧散していった」と書いた。しかし、実はまだそれなりに健在だった(これも以前に書いたが……)。本エントリで紹介するアルバムもその健在ぶりを示すものだ。
だが、欧州のそれと比べると米国のそれは同じようでいて全く異なっている。明らかに1980年代のエレボディとの変更点が見られない。それもスキニー・パピータイプのダーク・インダストリアル、ポジティヴ・パンク味のエレボディ……まるでその雰囲気をそのままに引き継いでいる。ニュービートからのトランスを取り入れた欧州のエレボディとは全く趣が異なっている。まぁこの手のジャンルを聴き慣れていない人には同じにしか聴こえないとは思うが。
これは欧州全体を襲ったアシッド・ハウス、その後のトランスの波がアメリカまで届かなかったせいなのかもしれない。欧州のフロント242を始めとするPIAS勢はWax Trax!がライセンスリリースしていたためアメリカにも届き人気を博し米国でも同レーベルにいたミニストリーのメンバー+αから成るリヴォルティング・コックスらが盛り上げた。が同レーベルはアシッド・ハウスまではカバーしていなかった。また同レーベルからいくつかの変名で作品を出していたミニストリーが「インダストリアル・メタル」というジャンルを確立させかつ大人気となったためもあるだろう。この「インダストリアル・メタル」はその後にナイン・インチ・ネイルズらが現れて一大ムーブメントと化すのだから……。
しかし、今は2016年。古いとか新しいとか無問題で聴けるのでこのアルバムはうん、よし、おれによし、だ。スキニータイプの暗黒エレボディ、インダストリアルが妖しく魅せる好盤。なのでその辺りの音が好きな向きは買っても損は無いと思う。お薦め。