読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hunting Lodge - 8-Ball

f:id:moistly:20170304184035j:plain:h250
アメリカのインダストリアル系バンドの5th。
初期はSPKのグレアム・レヴェル主宰のレーベル「サイド・エフェクツ」から出してたりもしてたので、やはりハードでハーシュなノイズ・インダストリアルだった。
しかし、このアルバムはノイズというよりもパンク!以前の彼らからは想像も出来ないギター、ベースのバンドサウンドが聴こえてくるので最初は同名異バンドかと思ったほど。でもノイズ上がり、そこは他に聴こえてこないインダストリアルな音像も魅せてくれる。
ここで当時の米国のシーンを(にわかなりに)見てみると、印象的なのはUハードコア、ジャンク勢だろうか。スティーヴ・アルビニがフロントマンを務める〇イプマン、ビッグ・ブラック、ミッシング・ファウンデーション、コップ・ショット・コップ、そしてそれらのバンドの原点となっているスワンズ。他にも色々なバンドが(当時)居たそうだが、冒頭にも書いた通りにわかなので勘弁して欲しい。
このアルバムは先に挙げたジャンクに近く、最も近いのがコップ・ショット・コップだろうか。この所謂ジャンクはハードコア色が強いものの、メタル・パーカッションやサンプリングを多用しており、当時隆盛しつつあったビート系のインダストリアル、つまるところエレクトロニック・ボディ・ミュージックに近い……というより従妹みたいなものか。しかし、前述したようにEBMよりはUSハードコア色が濃厚な点が異なる。
スワンズは置いて、コップ・ショット・コップ、ミッシング・ファウンデーションはUSハードコアとノイバウテンが合体したような音でUSハードコアの暴力性とメタル・ジャンクの融合が見事に花開いている。そんな魅力的な音楽にSPKのレーベルから出していた輩が喰いつかないわけがなく、このアルバムが産まれた。
ジャンク、ハードコア・パンク!な一枚。爆音で流しながら発散するのには最適な音楽。お薦め。