読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Delerium - Syrophenikan

Syrophenikan

Syrophenikan

Front Line Assembly(以下FLA)のビル・リーヴとライズ・フルバーによるユニットの3rd。
このユニットは本家のFLAよりも知名度が高くて、あるアルバムなんかは数百万枚もの売り上げを記録してる。なので知ってる人(主にトランス・ヘッズ)は多いだろうが、このアルバムはその知ってる人でも、聴いたことがないような内容。
FLAはスキニー・パピーに居たビル・リーヴが結成したエレボディ系のバンド。初期はキャバレー・ヴォルテールポーション・コントロールを思い起こさせるようなひんやりとした色調のボディだったが、その後はインダストリアル・メタルなどを取り入れて独自の方向性を得ている。
このDeleriumはFLAが結成された後に結成されたユニットだったが、1stの発表が1988年なのでFLA立ち上げ直後といった感じか。1stは実験的なダーク・アンビエントSPKの3rdやルストモード、ソヴィエト・フランスを思い起こさせた。
このアルバムもその路線だが、よりメロディアスによりトライバルなビートにインダストリアルなビートも強調されている。それは同時期のムスリムガーゼやエスプレンドー・ジオメトリコを思い起こさせる、インダストリアル・エスノだが、ムスリムガーゼのような中東的なメロディは聴こえてこない。似ているのはテスト・デプトの「Terra Firma」、「Materia Prima」だろうか、ケルト音楽にメタル・ジャンクを融合させた訳の分からない音だったが、このDeleriumの「Syrophenikan」に似ている。そこによりトランシーさを加えた……と評すれば適当なのかもしれない。
そう聴くと、ベルギーのEBM系レーベル「KK」から出ていた、Psychick Warriors Ov Gaiaの音源に一番近いのかもしれない。そのトライバルでトランシーな音は後のゴア、サイケデリック・トランスに繋がってくる音だったが、このDeleriumの3rdも同じ系統だ。
トライバル・トランスの萌芽がここに……。次のアルバム「Stone Tower」ともに初期Deleriumの傑作。ゴア、サイトランスを聴く向きもルーツの一つとして聴いてみるのもいいだろう。