読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skold - The Undoing

Undoing

Undoing

元KMFDM、元Marilyn MansonのメンバーことTim Skoldのソロプロジェクトによる3rd。
泣きのインダストリアル・ロック……と呼びたい出来。このTim Skoldがいた1990年代後半から2000年代初頭のKMFDMは哀愁度が高く、イケイケのダンス・メタルからは離れていて、当時ファンからどういう評価を受けていたのか全く興味があるが。まぁ泣いてます本作も。
泣きのメロディといえばナイン・インチ・ネイルズもキメで入れてくるが、このTim Skoldのそれはクサい。北欧のメタルバンドの泣きのメロディみたくクサい。だから演歌みたいなベタベタが気恥ずかしくなる時もあるが、それが強烈なオリジナリティを発揮しているのが面白い。流石、スウェーデンのヘアー・メタルバンド、「Shotgun Messiah」にいた人は違う。この時のキャリアが活きている。
とはいえ前作の泣きの一手を推し進めたものより、今作はブロステップっぽい歪んだデジタル・リフやちょっと前のびりびりとしたエレクトロを取り入れかつ前面に推しだして来て、異なった趣も魅せてくれる。そういうところからエレボに回帰している近年のKMFDMに近い部分もあったり。でもメロディは哀愁で泣いてるから全体的には(KMFDMとは)違うのだよね。
前作よりもデジタル・リフを前面に推しだして来た「泣き」のインダストリアル・ロック。趣は異なるがナイン・インチ・ネイルズ、KMFDMが好きな向きにもお薦めしたい一枚。今年のベストアルバム!買え!以上!