読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belfegore - Belfegore (Deluxe Edition)

Belfegore (Deluxe Edition)

Belfegore (Deluxe Edition)

ドイツのゴシックニューウェイヴバンドの2nd(になるかと思う)。
このバンドはさるお方から教えてもらったんですが、ゴシックなDAFと呼べばいいのかな?ハンマービートがエレボディでDAFです。突如昨年の秋に再発して、今までうんにゃならかんたらな場所から盗ってきたwものを聴いていたので、嬉や嬉。
DAFが漢(おとこ)三部作を出した後、活動休止となってから、や活動中にもこういう後のエレボディみたいな音を出すバンドが増えていって(DAFも含めて当時はどう呼ばれていたのだろうか?)例を挙げると、デペッシュ・モード、ディ・クルップス、23Skidooとかのノイズ・インダストリアルの一部。
でこのバンドもその眷属の一味みたいな音を出している。80年代中期のフールズ・メイト誌を読むと、The Kruppsと改名(?)したディ・クルップスのミニアルバム評には「パレ・シャンブルグ、ベルフェゴーレに続きあのジャーマン・メタル・パーカッション・グループ〜」と書かれていて、眷族と見なしてもいいだろう。
しかしDAFフォロワーと言っても趣は大分違っている。当時のデペッシュ・モードに近いゴスっぽさを持っている。でもデペッシュ程エレクトロでは無く、言い換えるならポジティヴ・パンクかな。エレボディのルーツがポジティヴ・パンクにあるとするなら、このバンドはそれを証明して後のエレボディ引き継がせたと見える。ハンマービートの上を(ベースシストは居るが)デンデケシンセ・ベース、ゴスっぽいダークかつ妖しいシンセ・メロ、ファンキーベースライン、うるさいギターが疾走し、そして叫びも疾走。気持ちいい位の疾走感を持った曲が満載だ。
昨年の再発ものでは上位に入る嬉しさ。DAFやジャーマンニューウェイヴ好きは買うと面白いかもしれない。ボ、ボディィィィィィ〜〜〜〜〜ッッッ!!!お薦め。